冷え性

冷え性

冷え性とは?

寒くなってくるとどうしても身体が冷えてしまいがちになりますよね。外に
ずっといて、部屋に入ったとしてもなかなか身体が温まらなかったり、手足
が冷たくてなかなか温まらないと言う場合、そうなってきた場合冷え性の始
まりだと思います。
冷え症とはどんな事かと言うと、手先や足先以外の部分は温かいのに、手先
や足先だけが全然温まらなくて冷たい状態が続く事を指しています。
これは言い換えると「血行不良」とも言えます。動脈硬化が原因となって、
身体の隅々まで温かい血液が回らなくなってしまったり、外の気温が寒い事
によって毛細血管が縮んでしまい、そのままの状態になってしまう為に血液
が流れず血行が悪くなってしまい、温まらないのです。
それが手先や足先に影響が多く出てきてしまうのです。冷え性は病気として
は扱われていなく、冷え性改善の為の薬と言うのも有りません。ですから病
院に行ったとしても、食生活の改善や運動をしなさいと言う様な事しか言わ
れないかもしれません。
とはいうものの冷え性を放っておくと将来的に色んな病気を引き起こして
しまう可能性も有りますので冷え性対策をしていく必要が有るのです。そう

した事から世の中にはたくさんの冷え性対策グッズが販売されています。
こうした冷え性対策グッズを使ったり、生活習慣を見直したりして、適切で
最適な環境の中で生活が出来る様にしていく必要が有ります。その為にも、
冷え性の事をきちんと知り、適切な対策をしていく様にしましょう。
冷え性

冷え性の原因

何故冷え性と言う症状が出てきてしまうのでしょうか。その原因は何なので
しょうか。
その事象としては血行が悪くなってしまい毛細血管の先の方まで血液が流
れない状態になってしまっている事です。人間の身体と言うのは毛細血管を
利用して体温を外に逃さない様にしています。
しかしその毛細血管に血液がきちんと行かない状態が続いてしまうと、血管
が収縮した状態になってしまっている為に冷たくなってしまうのです。色々
な冷え性対策グッズ等が出ていますが、先ずは原因を探る事から初めて、そ
の原因に有った対策グッズを使う様にすると良いと思います。
先ずは女性の衣服が原因である事が有ります。ぴったりめの洋服を着る事が
有りますが、身体にピッタリと言う事は身体に窮屈な思いをさせていると言
う事でも有ります。
そうなると血液が毛細血管に運ばれにくくなり冷え性になってしまう事が
有ります。ピッタリ目な洋服を着ている人、緩めの洋服を着ている人では体
温の上がり方が違う事が分かっている事からも洋服が原因である事が有り
ます。

次に食事が原因である事が有ります。身体を冷やす効果が有る食べ物、血液
ドロドロになってしまう食べ物を食べる事で血液循環が悪くなり冷え性に
なってしまいます。
次にエアコンに頼り過ぎている生活が挙げられます。エアコンに頼った生活
は体内温度調節を鈍らせてしまう事にも繋がります。その為にいざという時、
自分で身体を温める機能が上手く働かずに冷え性になってしまうのです。
冷え性

冷え性の症状

冷え性の症状と言うと手足が冷たくなると言う様な印象が有りますが、実は
それだけじゃなくて色んな症状が有るらしいのです。
冷え性には色んな対策グッズが有りますが、この症状によってそれに合った
対策グッズを選ぶ様にした方が良いと思います。
【頭痛・肩凝り】
冷え性が悪化してくると血行が悪くなってきますので、肩凝りを引き起こす
原因となってしまいます。冷え性が原因での肩凝りはマッサージをしてもな
かなか治らない為、次第に頭痛も誘発される様になります。
【腹痛・下痢】
身体が冷えると結果的にお腹も合わせて冷える事になります。そうなると下
痢や腹痛が誘発される様になるのです。
【風邪】
冷え性と言う事は体温調節を担っている自律神経が弱っていると言う事に
なります。そうなると身体も弱りやすくなるので風邪も引きやすくなってし
まうのです。
【不眠】

冷え性だと手先、足先がどうしても冷たくなってしまうので眠りにつきにく
くなる事がある様です。
【生理不順】
冷え性により自律神経がおかしくなってしまいます。そうなるとホルモンバ
ランスが崩れてしまうので、生理不順になりやすくなってしまうのです
【疲労】
冷え性により毛細血管が収縮してしまいます。そうなると血管が酸素を運ぶ
力が弱まってしまうために、貧血を起こしやすくなったり、ダルさが起こる
様になったりと疲労しやすくなります。
この他にも集中力がなくなったり、肌荒れがする様になったり、胃腸が弱く
なったりと色んな症状を引き起こす可能性がありますので、出来るだけ冷え
性は改善する様に取り組んでいった方が良いと思います。
冷え性

冷え性の種類

個人個人の体質によって冷え性の種類が変わってくると言います。それによ
ってどんな対策グッズを使ったらいいのかも変わってきます。
冷え性の種類はどんな種類があるのかちょっと挙げてみたいと思います。
【自律神経失調体質】
だいたいの人がなる冷え性がこの種類の冷え性だと思います。自律神経と言
うのは人間の内臓や血管等、身体の機能を一定に保つ様な働きが有ります。
汗の出方や体温等の調節、目の動き、胃の動きなんかも自律神経でコントロ
ールしているとても重要な物なのです。
しかしこの自律神経のバランスが崩れてしまう事で、身体の機能バランスが
崩れてしまい、様々な障害を引き起こす事に繋がってしまいます。
例えば、疲労が全然解消されないとか、胃がもたれる様になったとか、イラ
イラしてしまうとか、肩が凝るとか、本当に色んな症状を引き起こしている
のです。
冷え性もこの自律神経のバランスが崩れる事で起こると言われています。最
悪の場合は精神的に不安定になってしまい、自律神経失調症を引き起こす事
も考えられるのです。

自律神経が崩れてしまう原因としては、不規則な生活を送ったり、食生活の
バランスを崩してしまうと言った事で引き起こされる事が多いみたいです。
冷え性も自律神経のバランスが崩れてしまい、血行が悪くなり、毛細血管ま
で血液が行きとどかなくなって起こしてしまうパターンが考えられますの
で、規則正しい生活を送る事が大切な事となります。
【鉄分不足】
体質的に鉄分不足に陥りやすい方がいます。この体質の方も冷え性の種類と
して挙げられる物になります。
特にこの症状になりやすい方は女性に多いのですが、食事制限をかなり極端
にする様なダイエットをしていた場合、鉄分不足に陥る事になります。
女性は鉄分を取る必要が生理等の関連で有るので、当然鉄分不足に陥ってし
まって貧血を起こしてしまう様になるのです。それが冷え性を引き起こして
しまう事になるのです。
そもそも貧血と言うのは血液内の赤血球が少なくなっている状態の事を指
しています。赤血球は酸素を体内に運ぶ役目を持っています。赤血球が少な
くなると言う事は、酸素が体中に充分に行き渡らなくなると言う事になりま

す。
結果的に体力不足になったり、疲労感が出る様になったり、冷え性の症状が
出る様になるのです。冷え性対策グッズ等も利用して、鉄分不足にならない
様にしましょう。【ホルモンバランスの崩れ】
特に女性に多く見られる事ですが、ホルモンバランスが崩れてしまう事によ
り自律神経のバランスも崩れてしまいます。そうなると冷え性を引き起こし
てしますのです。
ホルモンバランスの崩れによって引き起こされる冷え性としては、身体は冷
えているのになんだかのぼせている様な感じがする症状だそうです。
特に更年期に多く見られる症状だそうですが、ある一定期間が過ぎれば徐々
に治まってくる症状の様です。冷え性対策グッズ等も有るかもしれませんの
で、自分に合った物を見つけてみると良いでしょう。
冷え性

冷え性と食べ物の関係性

食べ物と冷え性はとても強い繋がりを持っています。食べ物の種類には「陽
性」と言って身体を温めるタイプの食べ物、「陰性」と言って逆に身体を冷
やすタイプの食べ物、中間でどちらでもない「中性」と言うタイプの食べ物
が有ります。
冷え性対策としての食べ物としては陽性の食べ物を食べて身体を温めてい
く必要が有りますが、現代の食生活においては陰性の食べ物を食べる方が多
いみたいです。
冷え性対策として効果が有る食べ物を積極的に食べる様にしましょう。効果
的に食べる事で冷え性も改善されてくると思いますよ。
【陽性】
身体を温める効果が有る「陽性」の食べ物は冷え性対策グッズとして最適で
す。特徴としては寒い地方で採取される物が多く、冬が旬の物が多いみたい
です。例えば生姜、にんにく、ねぎ、ごぼう、こんにゃく等が挙げられます。
また陽性の食べ物には血液ドロドロにしてしまう物も有る様ですので、その
食材は摂り過ぎない様にする必要が有ります。
【陰性】

身体を冷やす効果が有る「陰性」の食べ物は冷え性にとって食べ過ぎない方
が良い食材になります。身体を冷やすだけじゃなくて血液ドロドロにしてし
まう物も有る様ですので、注意しながら食べていきましょう。特に陰性は夏
野菜に多く見られます。そのまま食べずにきちんと調理して食べる様にする
と良いみたいですよ。
【中性】
身体を温める事も冷やす事も無い食べ物になります。主に玄米や麦の様に主
食として食べられる物に多い様です。
冷え性

気になっているのはこんなサイト